杉の調湿性について

コメントを残す


さぁ、これから1年中で一番、嫌〜な時期、梅雨を迎えます。

杉は1年を通して含水率が変動します。

仮に、杉の含水率約15%の羽目板とすれば

夏と冬では約2%の変動があると言う事が分かっています。

そこで、例えば、10坪の杉板を貼っている、部屋で計算するとしましょう。

1年で一番湿度の多い時期梅雨の湿度は70%以上です。

杉板の含水率は約15%。

杉板は部屋の湿気をグングン吸い取ります。含水率は約17%に上昇

この時、計算上、1坪あたり約752グラムの水分を吸い込む事になります。
(厚み12mm×長さ1.8mの板を1.8m幅広げた計算1坪分)

更に冬乾燥した状態ではこの逆で約752グラムの水を吐き出しています。

従って、10坪では約5升、コップ50杯分の水を吸ったり吐いたり

している計算になるのです。

これは無塗装での計算です。

夏は涼しく冬は暖かい杉の調湿性は大したもんです。

杉って凄いですね。

羽目板屋どっとこむ

/* */

広告

世界のIT最新事情を聞こう、に参加しました

コメントを残す


夕べは花月PCネット代表取締役石松先生の主催

世界のIT最新事情を聞こうを聞きに行きました、

講演した方は太田昌史さんFBでもお友達です。

少しハイレベルなお話でしたが

年末にも関わらず20人あまりの方が熱心に聞き入っていました、

純白無節の施工例

コメントを残す


又、お客様から施工写真を頂きました。

お客様の寝室です。

自分で施工なさいました。
純白
お客様からのメッセージ

素人ができるかなと半信半疑ではじめましたが 

挫折するのではと思いつつ取り掛かって見ると意外とDIYって面白い

最後まで何とか完成することができました。

純白

純白

純白

初めてDIYに挑戦したとは思えないほどプロ顔負けです。

純白の羽目板がお部屋にマッチしていて綺麗です。

皆さんもどうぞDIYで部屋のリフォームに挑戦して見て下さい。

ちなみに施工された羽目板はこちら

無垢羽目板屋

初競りに行きました。

コメントを残す


昨日、日田中央木材市場で日田市のトップを切って

原木の初セリが始まりました。

林業が基幹産業の日田市です。

日田市周辺から6000立法メートルの杉ヒノキ材が

集荷され、競り落とされていました。



今後の相場が気なるところです。


羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

今年もあとわずかになりました。

コメントを残す


今年も残すところあとわずかになりました。

何で世間は年末になると慌ただしくなるんでしょうかね?

当店も日頃は結構ヒマなのですが、やはり年末はバタバタしています。

杉のフローリングがとてもお問い合わせが多いです。

来年も良い年でありますように願っています。

sekourei

施工画像

羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

hameitaya / 梅江康弘
@hhamaji 仕事、頑張って下さい。私は大掃除頑張ります。 at 12/23 07:53