杉の調湿性について

コメントを残す


さぁ、これから1年中で一番、嫌〜な時期、梅雨を迎えます。

杉は1年を通して含水率が変動します。

仮に、杉の含水率約15%の羽目板とすれば

夏と冬では約2%の変動があると言う事が分かっています。

そこで、例えば、10坪の杉板を貼っている、部屋で計算するとしましょう。

1年で一番湿度の多い時期梅雨の湿度は70%以上です。

杉板の含水率は約15%。

杉板は部屋の湿気をグングン吸い取ります。含水率は約17%に上昇

この時、計算上、1坪あたり約752グラムの水分を吸い込む事になります。
(厚み12mm×長さ1.8mの板を1.8m幅広げた計算1坪分)

更に冬乾燥した状態ではこの逆で約752グラムの水を吐き出しています。

従って、10坪では約5升、コップ50杯分の水を吸ったり吐いたり

している計算になるのです。

これは無塗装での計算です。

夏は涼しく冬は暖かい杉の調湿性は大したもんです。

杉って凄いですね。

羽目板屋どっとこむ

/* */

広告

日田中央木材市場の優良材市

コメントを残す


日田中央木材市場の優良材市に行って来ました。

穏やかに晴れて、春らしい陽気になりました。

ただ、この業界も冷え切っています。

いまいち活気の無い優良材市でした。

震災から1年経ちましたが復興の兆しはいまだに見えずです。

羽目板屋どっとこむ

/* */

お客様の施工日記ブログの紹介

2件のコメント


先日、福島のH様から施工日記が届きました、

全て、ご自分で施工しています。

まずは写真をアップします。

すべて、当店の羽目板を使って頂いています。

施工日記もご覧ください。

H様施工日記

マルウメ

/* */

木材乾燥装置の視察に行きました

コメントを残す


宮崎県日向市の某工場に木材乾燥装置の視察に行きました、

日田市から約3時間半ほとんど高速道路を走り

やっとたどり着きました。、

中温60度〜80度で乾燥します。

120ミリのヒノキの角材、ほとんど反り、割れも無く、乾燥できます。

木屑を燃料にし、お湯を沸かし蒸気を使って乾燥します、

クリーンなエネルギー、とてもエコな乾燥機。

現在導入を検討中、、

ちなみに乾燥機のメーカーは,東北通商

マルウメ

/* */

杉フローリングを施工しました、

コメントを残す


昨日、FBで知り合った友達のお店、チャイルドルームさん、

子供服のお店のキッズコーナーの床を

杉のフローリングに変えたいと言う依頼がありましたので、

お店を訪ねました、

2畳ほどのスペース。

ビフォー



このキッズコナーに杉のフローリングを施工してあげました。

アフター

とても良い感じに仕上がりました、

店主のSさんもとても喜んで頂けて光栄です。

当店は基本的には施工サービスまでは行っていません、

今回はほんのわずかなスペースで、女の方だった為、

施工方法を教えつつ、また、若干初心者には難しい部分がありましたので

私が全て請け負った感じになりました。

杉の香りが店内に漂い、子供たちも気持ち良く遊べると思います。

使って頂いた商品はこちら

マルウメ

ウォーキング

コメントを残す


僕は夕飯前に時々(週4日程度)ウォーキングをします。

いつも、通ってるコースを歩いていると、ずいぶん日が短くなって来ました。

この時間(18:37)でもうこんなに暗くなってます。

明日は秋分の日(9/23)、”秋だなー”とか、呟きながら。。

かなり涼しくなって、半袖だと幾分寒さを感じます、

でも乾いた空気が気持ちいい、、

少しずつ朝晩の寒さも加わってきます。

もう、鈴虫やコオロギの鳴き声も聞こえてきそう。

ん?なんか、、虫の鳴き声がしてますね、

マルウメ羽目板屋

倉庫の中の整理

コメントを残す


最近、倉庫に商品が貯まりはじめました。

現在、倉庫整理中です。

製品倉庫

倉庫の中は紫外線が入りにくいようになっています。

紫外線に当たると杉板も変色するからです。

杉板はこの冷暗所でゆっくり呼吸しながら眠っています。

冷暗所

この杉板達はお客様にいつ買って頂けるのでしょう?

”早く世に出たい”と、

今か今かと、心待ちにしている事でしょう。。

倉庫内

Older Entries