杉の調湿性について

コメントを残す


さぁ、これから1年中で一番、嫌〜な時期、梅雨を迎えます。

杉は1年を通して含水率が変動します。

仮に、杉の含水率約15%の羽目板とすれば

夏と冬では約2%の変動があると言う事が分かっています。

そこで、例えば、10坪の杉板を貼っている、部屋で計算するとしましょう。

1年で一番湿度の多い時期梅雨の湿度は70%以上です。

杉板の含水率は約15%。

杉板は部屋の湿気をグングン吸い取ります。含水率は約17%に上昇

この時、計算上、1坪あたり約752グラムの水分を吸い込む事になります。
(厚み12mm×長さ1.8mの板を1.8m幅広げた計算1坪分)

更に冬乾燥した状態ではこの逆で約752グラムの水を吐き出しています。

従って、10坪では約5升、コップ50杯分の水を吸ったり吐いたり

している計算になるのです。

これは無塗装での計算です。

夏は涼しく冬は暖かい杉の調湿性は大したもんです。

杉って凄いですね。

羽目板屋どっとこむ

/* */

広告

屋根を作って見ました。

コメントを残す


杉板を乾燥せる際、雨になるべく濡らさないように屋根を作りおおってみました、

前回もお話ししましたように、杉は調湿性の優れた樹種です、

特に杉の白太部分は水分を多く吸いこみます。

雨に長期間濡れたままで、放置しておくとカビや、アオの原因になります。

製造中の屋根

実際に屋根を載せてみるとこうなります。

これで雨にぬれても少しは大丈夫です。

一安心。。

羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

羽目板フローリング用の塗料の販売開始します

コメントを残す


お客様の声が多いので世界的にもエコが進んでいる国

ドイツ生まれの塗料を販売する事にしました。

自然塗装とは、シックハウス症候群や、化学物質アレルギー等の

影響が懸念される中、安全でしかも最も地球にやさしい塗料

それがクライデツアイト社のグロスクリアオイル【つや有り】です。

つや消し用にハードクリアオイル。

檜の羽目板塗装しました

クリアですが、少しだけ黄色っぽく仕上がります。

素人でも非常に簡単に塗装出来ます。

床用には、ラッペンワックス(ゼリー状のワックスです)

ラッペンワックス

これらの塗料は当サイトで販売を開始しました。