新築中の製品倉庫

コメントを残す


念願の製品倉庫の基礎工事

まるで地上10階建てのビルでも建つような、大きい柱です。

図面では高さ6m、延べ面積634平米なのですが。

まぁ、、並みの上くらいの大きさかな?と思っていたのですが、

基礎工事

基礎工事2

想像以上にでっかい基礎、柱です。

これが出来れば沢山の在庫をストック出来ます。

基礎東

基礎東2

僕の一つの目標でもあった製品倉庫が完成するので胸を躍らせています。

1歩、夢が実現できるのももうすぐ、、

頑張ります。

/* */

羽目板屋どっとこむマルウメ

広告

久しぶりに桧羽目板を削ってみました。

コメントを残す


桧は仕入先が取引をやめた為、仕入れが出来なくなっていました、

しばらくお客様にご迷惑を掛けていましたが、

今回、新しく仕入先を見つけました、

これで在庫切れは無くなると思います。

今回、熊本から直送されてきました、

九州山脈の奥深い険しい、山々。熊本の人吉から宮崎、高千穂、

ほぼ四国山脈にもに匹敵する程の険しい山々に

生育していた桧です。

綺麗な色をしています。

とてもいい色、材質も良く私自身とても気に入ってます。

お客様も気に入って頂けると思います。

御注文はこちら

マルウメ

現場まで納品しました

コメントを残す


3連休のなかび絶好の行楽日和です。

お客さんの現場まで配達に行って来ました。

杵築市のYさんの現場です。

基礎工事、構造材施工迄、すべて自分ひとりでやられたそうです。

これから内装工事に移ります。

この家屋は、以前ミカン農家だったそうです。

北九州市在住のYさんは週末に来て、数年がかりで

ここまで工事を進めたそうです。

この後、工事が終わり次第写真を送ってくれるそうです。

楽しみ。。

この部屋は和風に模様替えするそうです。

また、アフターの写真を送ってくれるそうなので私も楽しみに待っています。

Y様有難うございました。

マルウメ

羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店
マルウメ

杉の白太について

コメントを残す


杉の白太についてご紹介します。

下の画像をご覧ください。

杉の輪切りイラスト

木の芯に近いほうを赤身、樹皮に近いほうを白太と呼びます

赤身を芯材、白太を辺材とも呼びます

木は製品になってからも呼吸し続けます。

湿度を吸ったり吐いたりしています。この事を調湿性と言いますが、

調湿性は赤身より白太のほうが優れています。

例えれば、白太はスポンジのような特性を持っています。

熱伝導率が低いため、冬はあたたかく夏は涼しい♪

湿気を吸い、逆に空気が乾燥すると水分を吐きだし、

湿度を調節し快適な住空間を保ち、

アレルギーの原因となるダニやカビも防いでくれるんです

さらに、杉はとても『いい香り』なんです。

リラックス効果でストレスも解消されますよ。

踊り場つきの玄関

羽目板販売(杉板)杉・桧羽目板フローリング専門店

販売サイト