寒い日が続きます。

コメントを残す


日本海側は近年に無い大雪とか。。

このところ寒い日が続いています。

日田市の昨日の気温は最高気温が何度だったのか?雪が降り寒い日でした。、

杉の丸太も凍っていました。

杉丸太

特に白い部分が水分が多いので、よく凍ります。
凍った丸太

凍った丸太は帯のこが真っすぐに通らず、シャーベット状態つる~っと滑って、鋸が曲がってしまいます。

分かりずらいかも知れませんが、上の画像の白い部分が凍ったところです。

早く暖い、、春が待ち遠しい。。。

/* */

マルウメ

広告

お客様の施工日記ブログの紹介

2件のコメント


先日、福島のH様から施工日記が届きました、

全て、ご自分で施工しています。

まずは写真をアップします。

すべて、当店の羽目板を使って頂いています。

施工日記もご覧ください。

H様施工日記

マルウメ

/* */

原木市場の初セリに行きました

コメントを残す


日田市の原木市場の初セリに行って来ました。

毎年の事なんですが、イマイチ活気づかないとこでしょうか?

原木の値段は年末まではまあまあの相場でしたので、

初市には沢山の材が出材して少し値段も落ち着いてきました。

今日は、日田木材市場の初市。

60数社の木材業者等が参加し入札していました。

マルウメ

施工後のフローリングを撮影させて頂きました。

コメントを残す


GWも後半5/8迄お休みの方も多々いらっしゃるとか。。

ちょうど、1年前になります。

当ショップの杉フローリングと、杉の赤身羽目板を施工した

剣道場に撮影に行って来ました。

剣道場

壁は130ミリの総赤身の羽目板

壁にイメージトレーニング用の大きい鏡、竹刀が掛けられていました。

竹刀を掛けています

床には杉の15ミリの130ミリ巾のフローリングが施工されています。

少し変色していますが施工された時のままソリも無く保たれていました。

床フローリング15ミリ厚みエンドマッチ付き

木の香りがしてとても気持ちよく練習が出来ます。

と施主様も気に入って頂いています。

杉フローリングをうづくり仕上げしました

コメントを残す


今日は杉フローリンをうづくり仕上げしました。

綺麗に仕上がっています。

うづくり仕上げ中

うづくりとは、木の表面を何度もこすり、木目に凹凸を付け年輪を浮かび上がらせる仕上げ方法です。

画像のように木目が浮きあがっています。

うづくり

うづくり

杉は柔らかく冬でも少し暖かい、素足で歩くと

うづくりした木目が足にほんのりと刺激し

健康に凄く良いと言われています。

どうぞ、杉のフローリングのうづくり仕上げを

リフォームで使って頂けると、

木の暖かさが実感できると思います。

杉フローリングうづくり仕上げ

羽目板屋

杉フローリングを削ります。

コメントを残す


これから杉フローリングを削ります。

杉の原板を製材して2カ月やっと春めいて来て暖かくなりました、

なので、乾燥が進みました。

やっと削れるくらいに乾きました。

原板

18㍉厚みの杉板。良く乾きました、いい色。

原板15ミリ

原板

これから、この板がフローリング生まれ変わります。

次回をお楽しみに・・・

羽目板屋

もうすぐ春が来る?

コメントを残す


今日は3/26毎年この時期になると桜の便りが・・

今年はいつまでも寒い日が続いています。

下の画像は丸太を製材した後に残る端材です。

我々はこれを背板(セイタ)と呼んでいます。
背板

この背板からさらに、に板が出来ます。

出来た板は小幅板(幅の狭い板)ですが、節が少なく洋風なお部屋に似合います。

手間、暇は掛りますが、背板から出来た板は素性が良く凄く綺麗な板です。

施工されるとこのようになります。(前回ご紹介した純白の羽目板)

施工例

杉純白無節羽目板 10×90×1985 17枚入り 1束
セールです。

羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

Older Entries