日田中央木材市場の優良材市

コメントを残す


日田中央木材市場の優良材市に行って来ました。

穏やかに晴れて、春らしい陽気になりました。

ただ、この業界も冷え切っています。

いまいち活気の無い優良材市でした。

震災から1年経ちましたが復興の兆しはいまだに見えずです。

羽目板屋どっとこむ

/* */

広告

現場まで納品しました

コメントを残す


3連休のなかび絶好の行楽日和です。

お客さんの現場まで配達に行って来ました。

杵築市のYさんの現場です。

基礎工事、構造材施工迄、すべて自分ひとりでやられたそうです。

これから内装工事に移ります。

この家屋は、以前ミカン農家だったそうです。

北九州市在住のYさんは週末に来て、数年がかりで

ここまで工事を進めたそうです。

この後、工事が終わり次第写真を送ってくれるそうです。

楽しみ。。

この部屋は和風に模様替えするそうです。

また、アフターの写真を送ってくれるそうなので私も楽しみに待っています。

Y様有難うございました。

マルウメ

羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店
マルウメ

煙突からセキレイが

コメントを残す


今日は日曜日、事務所で内業務をやっていると

何やら薪ストーブの煙突から、かさかさと音がした。

どうやら、鳥が煙突から、落下した模様だ。。

弊社の事務所の薪ストーブの煙突はご覧のように

とても高く地上から一番上までの高さは9m以上はになります。

煙突

煙突の最上部T型の部分に良く鳥は巣をかけるんです。

足を滑らせて、落下し事務所の中の薪ストーブまで

紛れ込んだようだ。

煙突のふたを開けてみたら、

去年から煙突の掃除を怠っていたので

煤が物凄い溜まっていた、、ついでに掃除をして見よう思ったその瞬間、、

なんと、セキレイが煙突穴から出てきてビックリ

捕まえようと思ったがすぐさま逃げられた、、

可愛いセキレイでした。

元気に外に出て行きました、

マルウメ梅江製材所

テーブル、カウンター用の杉板を挽いてみました

コメントを残す


今年の、2月に市場で手に入れた少し曲がった末口が54cmの

丸太を先日、挽きましました。

伐採した直後は黒っぽいのですが、丸太のままで数か月寝かせると赤身部分

何故か、綺麗な赤い色に変化します。

赤身部分は品種によって異なりますが、赤、黒、茶系、褐色と様々な色を呈します。

丸太のままで、ゆっくり乾燥させる事によって少しずつあくが抜け、綺麗な色に変化します。

この事は、後日ブログにする予定です。

この丸太は製材し、テーブル・少し短めのカウンター材として製材されました。

曲がった部分を活かして、製材しました。

このまま。数か月乾燥させ、さらにサンダー仕上げを施す予定です。

今年の暮れにはネット上にお目見することと思います。

お楽しみに。。

マルウメ梅江製材所
羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

Newer Entries