今年の、2月に市場で手に入れた少し曲がった末口が54cmの

丸太を先日、挽きましました。

伐採した直後は黒っぽいのですが、丸太のままで数か月寝かせると赤身部分

何故か、綺麗な赤い色に変化します。

赤身部分は品種によって異なりますが、赤、黒、茶系、褐色と様々な色を呈します。

丸太のままで、ゆっくり乾燥させる事によって少しずつあくが抜け、綺麗な色に変化します。

この事は、後日ブログにする予定です。

この丸太は製材し、テーブル・少し短めのカウンター材として製材されました。

曲がった部分を活かして、製材しました。

このまま。数か月乾燥させ、さらにサンダー仕上げを施す予定です。

今年の暮れにはネット上にお目見することと思います。

お楽しみに。。

マルウメ梅江製材所
羽目板フローリング販売(杉板)杉・桧羽目板専門店

広告