お客様の施工写真をご紹介します。

コメントを残す


先日、またまた、

お客様の施工写真を送って頂きました。

私が、無理やり頼み倒して、、少し気の毒な気がしていますが。。

送って頂きました。

このお客様は、素人なのですがプロ級の腕前だと推察しています。

壁・天井にすべてこの板を施工(800枚以上使って頂いています)

和と洋の融合



外壁もこの通り

すべて、同じ幅の杉無節の板を施工されました。

プロの大工さんや、施工業者は多分このような

施工はやらないでしょう。

なぜならものすごく手間がかかり施工費が

掛かり過ぎるからです。

現在も、お客様はリフォームを続けています。

新たに数百枚単位で買って頂いております。

使って頂いた板は下記商品です。

杉 羽目板 無節・上小 (木材 10×60×1985 20枚) 1束 本実めすかし加工

マルウメ

倉庫の中の整理

コメントを残す


最近、倉庫に商品が貯まりはじめました。

現在、倉庫整理中です。

製品倉庫

倉庫の中は紫外線が入りにくいようになっています。

紫外線に当たると杉板も変色するからです。

杉板はこの冷暗所でゆっくり呼吸しながら眠っています。

冷暗所

この杉板達はお客様にいつ買って頂けるのでしょう?

”早く世に出たい”と、

今か今かと、心待ちにしている事でしょう。。

倉庫内

GW前は忙しかったけど・・

コメントを残す


GW前は、日頃よりは少し売れましたが。。

全くの暇になりました。

明日、発送する予定の腰壁用の杉羽目板を

丁寧に梱包します。
腰壁用羽目板

お客様は神様です。(古い・・)

ロゴ入りのシートに罫線を入れ

梱包します。

梱包用ダンボール

傷が入らないように配慮しながらの作業、、

お客様の顔を思い浮べながら

丁寧に心を込めて梱包していきます。

お客様は「商品到着楽しみにしています。」と

コメントされています。

箱を開けた瞬間喜んで頂けるでしょうか?

こっちは、楽しみと不安を抱えながら・・・

施工後のフローリングを撮影させて頂きました。

コメントを残す


GWも後半5/8迄お休みの方も多々いらっしゃるとか。。

ちょうど、1年前になります。

当ショップの杉フローリングと、杉の赤身羽目板を施工した

剣道場に撮影に行って来ました。

剣道場

壁は130ミリの総赤身の羽目板

壁にイメージトレーニング用の大きい鏡、竹刀が掛けられていました。

竹刀を掛けています

床には杉の15ミリの130ミリ巾のフローリングが施工されています。

少し変色していますが施工された時のままソリも無く保たれていました。

床フローリング15ミリ厚みエンドマッチ付き

木の香りがしてとても気持ちよく練習が出来ます。

と施主様も気に入って頂いています。